TT&CO トゥーカッターフルフェイスヘルメットを買ってみた!

車とバイク

OGK KAZAMIからTT&COへ買換え!

 3年ほど使用していたOGK KABUTO KAZAMIシステムヘルメット。眼鏡スリットもあるしスピーカースペースもしっかりあるしベンチレーションもしっかり効くしインナーサンシェードもあるしラチェットバックルだし、と機能盛沢山で愛用してきました。

しかし!デカい・・・そう、デカいんです。。。体格のいい人なら問題ないでしょう。しかし、YAMATAが被るとこんな感じに。
はい、肩幅と比較してみてください。

KAZAMI サイズ感
OGK KABUTO KAZAMI

被られてる感満載。
 多機能なところはかなり気に入っていて、使い勝手はとても良かったんですが、このサイズのアンバランス感がずっと、ずーーーーーーーっと気になってました。
別のヘルメットも店頭で試着してみたりもしましたが、KAZAMIよりは多少小さいものの、自分の体格からするとやっぱりアンバランス。
 いろいろ探していると、とうとう見つけてしまいました。

TT&CO トゥーカッター フルフェイスヘルメット

 めちゃめちゃ小さいです。TT&COティーティー・アンドカンパニー、元はハーレーのカスタムショップらしいですが、このヘルメットは日本人の頭のかたちに合わせて設計されているらしく、被り心地もいい感じです。帽体をぎりぎりまで小さくして、kazamiと比較すると内装も「薄っす!」って感じですが、それでいてSG/PSC/DOT規格に適合しています。小さいからには口の前狭くて暑いのかなーって想像していましたが、思ったよりスペースがありました。ただkazamiはベンチレーションが沢山ついていたので走っていたら暑いことは全くありませんでしたが、トゥーカッターだとこれからの季節はゴーグルを変更して風を入れないと暑いかもしれません。
 重さについても、もともとシステムヘルメットは重いものですが、実際KAZAMIを使用して慣れてしまって気になってはいませんでしたがkazami約1900g トゥーカッター約1100g強と半分近く軽くなりました。比較すると結構違います。
 それでは、サイズ感の比較です。肩幅をほぼ同じサイズで比較するとこんな感じ。全身で比較するとより分かりやすかったんですが、肩から上で撮ったので肩幅をほぼ同じにそろえてみました。

KAZAMIとトゥーカッターを並べてみるとこんな感じ

サイズの違いがハンパない。二回りほどの違いです


 KAZAMIを使用しているときは眼鏡を掛けたままでも被ることができたんですが、トゥーカッターは眼鏡を外して、被って、眼鏡してゴーグルするという一手間が増えてしまいました。しかもKAZAMIは眼鏡スリットがあったので眼鏡もしやすかったというメリットがありました。しかし、今回は外見重視でトゥーカッターに変更し、いままで気になっていた部分が解消されて満足です。
 体格とヘルメットのバランスが気になる方は検討の価値ありです。

トゥーカッターの仕様

  • ゴーグルセット・ゴーグル無しあり
  • カラーバリエーション多数
  • サイズ 58-59cmワンサイズ 別売チークパッドとサイズ調整スポンジで調整可
  • 専用バイザー ホックで脱着可能
  • ゴーグル止めが後方にあり
  • フリップアップシールド等のオプションもある
  • 乗車用の規格内では最小!

コメント