紋別ベイエリアオートサイトに行ってみた

campに行ってみる

キャンプ場基本情報(掲載時2020/8/25)

 北海道のオホーツク海に面する港町、紋別市にあるキャンプ場、紋別ベイエリアオートサイトに行ってきました。ここは名前の通り、キャンプ場から徒歩ですぐ海です。釣り竿担いで晩御飯の調達も可能です。(腕次第)また、オホーツクタワーやアザラシランド、人工ビーチがあり子供も楽しめる施設があります。

料金 無料(受付無し)
トイレ 水洗(洋式和式、多目的トイレ)
炊事場炊事場
シャワーシャワー(休止中)
ゴミ分別の上、受け入れ(有料)
駐車場セミオート可
     買い物                 徒歩圏内にコンビニ            

 環境

 大きな通りからも離れており、車の走行音は聞こえません。港町ゆえに、たまに船の汽笛が聞こえます。また、キャンプ場のすぐ隣にバイオマス発電所があり、稼働音がずっとなっていました。ちょっとウルサイ。

 車で少し走ると北海道立オホーツク流氷公園があり、小さい子供が遊べる遊具があります。

紋別ベイエリアオートサイトちかくの工場
近くの工場

 キャンパー層は長期滞在の年配の方やキャンピングカーが多く、年齢層は高めでした。夜はパトカーの巡回もしており、そのせいか騒いでいるバカも、若者もいませんでした。

 海に近いこともあり、行った日は少し風がありました。サイトの奥は埠頭となっており、釣り人がいます。当日は小鯖が釣れていました。

 芝生はしっかり刈りこんであり、綺麗に整備されています。

紋別ベイエリアオートサイト サイトから海方向への風景

サイト

 サイトは大きく2つに分かれており、料金は無料。基本管理人もいません。海水浴場監視センターで管理を担っているようです。夜間は海洋交流館に警備員がいるそうです。

大きいほうのサイトは平坦でサイトを囲むように駐車スペースがあり、大部分の人が車のすぐ横にテントを張っているため、中心付近はかなりスペースありました。

紋別ベイエリアオートサイト 平坦なサイト側

 もう一つのサイトは海側にあり、やや傾斜のあるサイトです。こちらも奥行はかなりありますが奥のほうは傾斜がきつくなっているため設営には不向きです。駐車スペースは下のようにナンバリングされ、サイトに車を横付けすることができます。今回は空いていたこちらのサイトに設営しました。チェックインは無いため、空いている駐車スペースに車を止めてそのまま設営できます。

紋別ベイエリアオートサイト 斜面側 サイトの駐車スペース

車1台あたり、横幅は10mはありそうです。 

 

その他の施設

炊事場

紋別ベイエリアオートサイト 炊事場

 炊事場は6つのスペースとその横にペット用の水場がありました。無料キャンプ場ということもあり、当然ですが、使用後は自分で清掃が必要です。綺麗に使われていました。あっちこっちに一酸化炭素中毒に注意の張り紙があるのは、お察し・・・。ニュースになってた。

ポケモンマンホール 紋別
pokemonマンホール

ゴミの受け入れ

 トイレの建物にあるガチャガチャで環境維持協力金500円を払うことでゴミを受け入れてもらえます。100円玉のみ。カプセルの中にはチケットが入っており、一枚で5回までゴミを出せます。なので、連泊してもOK。ゴミを出す際にチケットにサークルパンチで印をつけて回数管理していました。ゴミの受け入れは朝夕の1日2回。シーズンいっぱい使えるようです。

環境維持協力金ガチャ

人工ビーチ

サイトからすぐのところに人工ビーチとアザラシランドがあります。この日はビーチは誰も泳いでいませんでした。今回は行きませんでしたが、アザラシランドは近郊で保護されたアザラシを飼育しており、行った人の話だとかなり癒されるそうです。

ガリンコ号

 紋別には流氷砕氷船ガリンコ号があり、夏場は釣り船として活躍しています。

 現在は2代目のガリンコ号が運用されており、初代は敷地内に展示されていました。来シーズンには3代目が就航する予定のようです。

オホーツクタワー

 キャンプ場から海側に歩くとオホーツクタワーに行くことができます。散歩がてら歩いてみましたが、タワーまで歩くと片道1㎞ほど。タワーの通路は無料シャトルバスも走っていますが歩いて行ってみました。タワーの通路にはサメを飼育している場所もありました。

今回のチャレンジ

 いつもは薪を持って行って焚火をしていますが、今回は前のキャンプで買ったスエディッシュトーチを試してみました。そこそこ風があったため、テントと離して設置。芝の保護のため今回購入した耐熱シートを使用。

 購入時にトーチをつけるときはトーチの皮を剥がして、それを溝に入れて火をつけるといいと聞いていたので試してみましたが、入れすぎたせいか風の通りが悪くなりすぐ消えます。結局バーナーでひたすら炙って着火しました。

 一度ついたら何もすることなく燃え続けます。

 そして今回、ランタンを落としてホヤを割ってしまった・・・・ホヤ以外の機能は問題なかったためホヤを買い替えて利用します。

 今回初めて紋別ベイエリアオートサイトに行きました。遊ぶところもあり、サイトも広くそして無料。釣りもできるということでかなり居心地のいいキャンプ場でした。ただ無料ゆえにモラルを守って利用することが重要だと思います。

コメント