資産管理と為替とかの姉妹サイト FX「とか」やってみるはコチラをクリック

車の住所変更をワンストップサービス(OSS)でやってみる(失敗談)

車とバイク

 引っ越しに伴い、車やバイクに関しても住所変更手続きが必要です。今回はネットで見つけたOSS ワンストップサービスを使って車の住所変更手続きを行ってみました。

 通常は住民票を取って、警察署に行って車庫証明を取って、陸運支局で手続きをしてと、かなりの手間がかかるのですが、OSSで手続きすればネットで完結!と思っていたら大きな落とし穴がありました。

2021年4月時点で、結局、陸運局にも複数回行かねばならず、手間が増えた?と感じます。

現在、このOSSの使い勝手はかなり悪いので、環境が整っている都府県とその申請者以外は
「使用しない」ことを強く推奨します!

結局最後まで手続きできなかったため、一部入力項目についてはご自身での確認をお願いします。

*2021年5月追記  今後郵送での書類申請やナンバーの交換猶予などの対応が行われるようです。

はむ
はむ

バイクについてはこの記事作成時にはまだOSS未対応だったため、直接陸運支局で手続きを行いました。めっちゃスムーズ。15分程度ですべて終わりました。

 はじめに書きますが、ネットで申請後に「保管場所証明申請手数料」の納付をするのですが、一番の問題が特定の銀行口座のネットバンクのみ対応だったこと。

 下の写真の「納付」ボタンを押すとなぜか北洋銀行のみが表示されるため嫌な予感はしていました。とりあえず自分が使ってるネットバンクでいくら収納機関番号を探してみましたが出てこないため、道警に電話で確認したところ、北海道の場合は北洋銀行のネットバンクのみ対応。しかもATMでも支払い不可!なんだそりゃ。ATM等って書いてますよねって聞いてみると他の都府県はATMでもやっているところもあるようで・・との回答。

 しかも納付期限が2週間弱しかない。

  とりあえず即ネットバンクの開設申し込みをしましたが、間に合わず結局通常の手続きで行いました。

 車庫証明と住所変更の手続き管轄が別であることで誤解を招きやすい表記になっているようです。

 今後変わっていくとは思いますが、OSSを使用しようと思っている人がいたらよーーーーーく確認しましょう。

 ここまで読んだうえでそれでもやるという人は続きをどうぞ

コメント